2019/12/19 Thu

サイバーエージェントとワンメディアが共同開発 企業YouTubeアカウントの開発・運用を行う広告ソリューション「ブランデッドチャンネル」の提供を開始

TAG:

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)はインターネット広告事業において、ワンメディア株式会社(本社:東京都目黒区:代表取締役:明石ガクト)と共に、広告主企業の自社YouTubeチャンネルの開発・運用を行うコンテンツマーケティングソリューション「ブランデッドチャンネル」の提供を開始したことをお知らせいたします。

SNSやWeb動画の普及に伴い個人の趣味嗜好が多様化しています。メディアのプラットフォームが整備され個人がメディアとなりコンテンツを配信できる昨今、広告主企業にとって、いかにユーザーに視聴され伝わるコンテンツをつくり届けるかということが課題視されており、広告のみならず優良なコンテンツへの投資も重要であると考えられています。

このような環境変化を背景に、このたび提供を開始する「ブランデッドチャンネル」は、広告主企業の自社YouTubeチャンネルの開発から動画の企画、撮影、編集、広告運用までをワンストップで提供するコンテンツマーケティングソリューションです。
企業チャンネルを開設し、単発の施策に留めることなく継続的にターゲットへコンテンツを発信していくことで、既存の企業ファンのみならず、潜在ターゲットへのリーチ・新規獲得を狙い、ファンコミュニティの拡大およびコンテンツを自社の資産としてストックする仕組み形成を図ります。

この度のサービス提供に際し、独自のヴィジュアルストーリーテリングでブランドメッセージをエンタメコンテンツ化してきたワンメディアが動画の企画・制作を行い、デジタル領域におけるマーケティング支援を強みとするサイバーエージェントがファンコミュニティ作りおよび広告運用を行うことで、両社の強みを生かし、ブランドの価値向上に繋がるコンテンツマーケティング支援の実現を目指します。

今後も当社では、企業のマーケティング活動において、企業の課題解決および広告効果の最大化を図る企画・制作、広告運用などにより、マーケティング活動の支援に尽力してまいります。



ワンメディア とは?
ワンメディアがつくるのは、ヒトの心をゆさぶるヴィジュアルコンテンツ。
ソーシャルエンタメ動画の企画・制作を行い、SNSやLINE、OOH、YouTubeなどあらゆるデジタルスクリーンへ配信。インフルエンサーの影響力とファンコミュニティを巻き込むSNS連動型の動画制作を得意としています。


明石 ガクト 氏 コメント

社会全体において最早YouTubeはインフラであり、企業にとっては既存のファンだけではなく、潜在ターゲットへのリーチと新規獲得が狙える一等地だともいえる。
しかしYouTuber中心のコンテンツで大きくなってきたその場所で、CMを配信してもスキップされて終わってしまうことがほとんどだ。つまり企業側には“いかにターゲットに視聴され、伝わるコンテンツを届けるか“ということが重要な課題として存在し、広告だけでなくコンテンツへの投資が求められている。いわば2020年はコマーシャルメッセージ(CM)からブランドメッセージ(BM)への転換が求められる節目の年になる。

そんなタイミングで、サイバーエージェントさんとワンメディアがタッグを組み、満を持して送り出すプロダクトがこの「ブランデッドチャンネル」だ。「ブランデッドチャンネル」では、この環境の変化を汲み取った企業チャンネルを開設し継続的にターゲットへコンテンツを発信し続けることで、広告費を使い捨てにせず未来のファンにブランドを伝えていくためのコミュニティ基盤を作ることが可能になる。
5年後10年後も企業と視聴者にとって意味のある動画に僕らは全力でコミットしたい。



■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社サイバーエージェント インターネット広告事業本部    広報担当
mail : honbu_pub@cyberagent.co.jp 
関連記事

RANKING

  • Weekly
  • Total

TAG LIST