2020/2/18 Tue

AppsFlyer Japanが提供する代理店向け認定制度「AppsFlyerソリューションズパートナーシッププログラム」において、国内最高位の「PLATINUM」に認定

TAG:

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、AppsFlyer Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:オーレン・カニエル、カントリーマネジャー:大坪直哉、以下、AppsFlyer)が提供する代理店向け認定プログラム「ソリューションズパートナープログラム(Solutions Partner Program:以下SPP)」において、国内最高位の「PLATINUM」に認定されました。
 
近年のモバイルアプリの消費支出拡大により、現在世界規模でモバイル広告の需要が急増しています。モバイルアトリビューションプラットフォームを提供するAppsFlyer Japan社は、モバイルアプリ広告のアトリビューション(効果計測)やや不正広告の問題を解決するための開発を行っており、このたび国内の広告主の収益最大化を目指し、パートナーである広告代理店を対象にモバイルアトリビューションに関する専門知識強化のための認定制度「SPP」が発表されました。
 
「SPP」は、代理店が正しい専門知識を保持していることを市場に証明することができる認定制度です。代理店は、AppsFlyerのエコシステムへの貢献レベル、広告主への貢献レベル、AppsFlyerのソリューションに関する専門知識のレベルに基づき、4つのレベル(SILVER、GOLD、PLATINUM、GLOBAL ALLIANCE)に認定され、このたび当社は、国内最高位である「PLATINUM」の認定を受けました。
 
当社は今後とも、高度化を増すアプリ・ウェブ含めた広告成果の計測環境において、更なる理解を深め、広告主企業のみなさまに、専門的かつ高品質な設計状態の提供を行うことで、企業のマーケティング効果の最大化に努めてまいります。

 
■AppsFlyer Japan株式会社 について www.appsflyer.com/jp
AppsFlyerは、世界的にアトリビューション業界を牽引するリーディングカンパニーです。包括的な測定および分析ソリューションでマーケターのビジネスを強化しイノベーションをもたらします。常にお客様を中心にして考えるAppsFlyerは、個人情報保護を考慮した製品開発を行い、12,000社以上のお客様と5,800社以上のパートナー企業が、日々のビジネスにおいてより良い意思決定を下せるよう支援しています。AppsFlyerの投資家には、General Atlantic社、Qumra Capital社、Goldman Sachs Growth、DTCP(Deutsche Telekom Capital Partners)社、Eight Roads社、Pitango Venture Capital社、 Magma Venture Partners社が含まれます。

 
 
| 会社概要
社名  :株式会社サイバーエージェント
所在地 :東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers
設立  :1998年3月18日
資本金 :7,203百万円(2019年9月末現在)
代表者 :代表取締役社長 藤田 晋
事業内容:メディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、投資育成事業
 
| 本リリースに関するお問い合わせ
株式会社サイバーエージェント インターネット広告事業本部 広報担当
E-mail: honbu_pub@cyberagent.co.jp
関連記事

RANKING

  • Weekly
  • Total

TAG LIST